オンライン語学学習プラットフォームMyEcom
ユーザ名: パスワード紛失
パスワード:
Top Page  >  HSK試験(高級班)  >  HSK聴解テクニック2

[HSK試験(高級班)] Topic
Avatar

2009-10-22 21:58:23

HSK聴解テクニック2
一、身分と関係を見分ける
1、 某職業に関する単語によって、関係者の身分、職業を見分けます。キーワードを把握しなければならない同時に、落とし穴を注意する必要があります。たとえば、会話の中に、「読書」「ご飯を作る」「工場」
「インタビュー」などの単語が出ましたが、「インタビュー」だけはキーワードで、他のすべてのワードは落とし穴です。
1、 話題によって、話している人たちの関係を推断します。試験の中によく出る関係は「先生と学生」「店員さんとお客様」「お医者さんと患者」「夫婦」「恋人」「両親と子供」などです。一般的に関係を示す呼称は出られませんので、出る呼称より判断できません。
二、話している場所を見分ける
1、話題によって場所を推断する場合は多いです。このような問題は落とし穴が多いですので、出る単語より場所を判断するのは危険です。
三、数字に関する質問
時間、年齢、値段、電話番号、温度などに関する数字を出ましたら、簡単な数学運算が必要ですので、メモを取るのは大切です。
四、某人を話しています
たくさんの勉強者は人の名前をおろそかにするかもしれません。これも聴解の難点になります。聞く前に、できるだけ、選択肢から関係者の名前を知ったほうがいいです。
五、話している人の意図を見分けます
このような問題ですが、いつも話している人はする予定のことと他の人に頼むことを言及します。聞くときに必ず話している人の本当の意図を見分けなければならないです。たとえば、某人は辞書を借りたいですが、直接に「辞書を貸してくれますか?」を言いません。代わりとして「今辞書を使っていますか」を質問します。このセンテンスの本当の意図は「辞書を借りたい」です。これは日本人の皆様にとってはちょっと簡単だと思います。あいまいの表現でしょう!
六、原因と結果を見つけます
このような問題の難点ですが、話題の中に「ですので、だから」などの単語は出る頻度は低いです。これはコンテキストによって判断する必要があります。そのほか、話している人はいつも本当の理由の前後にいくつかの説明をつけますので、これも問題の難度を増えます。
七、注意:正解は文章の中に出る単語を使う場合は本当に少ないです。間違う選択肢はいつも文章の中の単語を使って、受験者を惑わせます。
0Good